~Collaboration by ripe house~

What is your GIFT?

障害を持つアーティスト達がアートを通じて、コミュニケーションを取れる世界を目指す、ripe houseとのコラボレーション企画です。

ripe houseに通い、アーティスト達と触れ合う中で、デザイナーのKoh​は、世間は彼、彼女らを障害者と

呼ぶけれど、これは才能だったり個性では?と感じた。

 

そんな考えから生まれた、今回のプロジェクト名。

みんな人と違って当たり前で、その違いを知り、楽しむことが大切なのではないだろうか?

そんな大切なことを教えてくれた、ripe houseのアーティスト達との物語と、共に過ごしながら受けた

インスピレーションをもとに作り出した、一着の服をお届けします。

Particular About Design

今回のコラボ先でもある障害を持つ方も含め、いろんな体系や、生活様式、

好みを持つ方が世界中にいると思います。

今回のプロジェクトで、ライプハウスさんに通わせていただいている中で感じたのは、万人受けする服は

作れない。だって個性も好みも体系もみんな違うから。

それでも、ターゲットを絞らず選んでくれた人色に染まる服を作りたい。

全ての素敵な女性たちに向けた服を作りたい。と再確認できた期間でした。

PLAYFÜLが提唱する「万人受けする服」とは、「体型に関わらず、ご自身に合う着こなしを探し出せる

ような服」を指します。PLAYFÜLは、一着で多様な着こなしができる設計をすることで、

飽きずに末長く愛されるユニークなルックを展開しています。

About Artist

IMG_9628.JPG

​Artist 1

Maki Yoshinaka

視野が狭いからこそ完成する一枚。

好きな色を4色選び、そこから毎日点を書き続ける彼女の絵は、立体的で迫力がある。

見える範囲、できる範囲でリハビリを兼ねながら描く絵。

職員の方に絵を回転してもらいながら、1年以上かけて完成する絵は、迫力があり美しい。

障害を持ったからこそ、自分にしかできない描き方で、真っ白なキャンバスに新しい命を吹き込む。

​Artist 2

​Hidetaka Kaji

色鉛筆だけで描かれる絵からは、彼のパワフルさが伝わる。

一見、ただ塗りつぶされただけに見える絵も、近くで見ると傷や、

彼の腕の動かし方の癖を読み取ることができる。

自閉症を持つことで、いじめられた経験もあったが、今は自分にしかない個性を見つけて、

それを大切に、誰よりも絵を描くことを楽しんでいる。

だからなのか、彼の絵を見た人たちは、自由に捉えることができて、

見ているだけで清々しい。と言って帰っていくそう。

IMG_9627.JPG
IMG_9626_edited.jpg

​Artist 3

Yuka Yamane

彼女の絵の題は、いつも積み木。

たくさんの色を積み重ねて表現される黒っぽい積み木の絵。

黒一色ではなく、彼女の中で流れる時間のように、たくさんの色が重なり完成した奥行きのある黒が、

​見る人を釘付けにする。

プレイフル らしいファッションや、あなたの持っている個性を楽しむきっかけを提供することができれば​嬉しく思います。

2020.12.21~2.28の期間 ​キャンプファイヤーにて受注販売を行いまいました。

達成しました!ありがとうございました!

協賛ブランド

黒.png
logo.png
logo.png
RP.png